公益社団法人 岩手県緑化推進委員会

岩手県緑化推進委員会の概要

【緑化運動と県民参加の森林づくり】

 森林は木材の供給を始めとして、国土の保全や水資源のかん養、保健休養の場の提供など多様な役割を果たしており、私たちの生活にはなくてはならないものとなっています。
 また、近年地球規模での環境悪化に対する懸念を背景に、温暖化の原因となるCO2を吸収する役割が森林に期待され、森林整備や環境緑化の重要性について世界中で広く認識されてきています。
 緑化運動とは、こうした人類の共通財産である森林づくりを広く国民運動として展開し、それによって緑豊かで潤いのある故郷づくりを推進するとともに、地球環境の保全に寄与しようとする運動です。



【岩手県緑化推進委員会の沿革】

 岩手県緑化推進委員会は、県土の緑化運動を県民運動として促進するための推進母体として、昭和25年3月に設立され、昭和55年3月に社団法人化されました。会長には代々の県議会議長(定款規定の名誉職)に就任していただいています。
 新しい公益法人制度の下、平成25年1月4日に、当委員会は公益社団法人に移行し、新たなスタートを切りました。



【組織及び執行体制】

 本部及び33市町村支部で構成され、旧地方振興局単位に支部の協議組織として11地区協議会がおかれています。
 平成29年度末における正会員数は、市町村33、農林水産業関係団体36、企業22、報道機関3、金融機関3、個人7の104会員となっています。
 賛助会員は企業1、個人2、団体1の4会員となっています。現在の役員は、理事長、副理事長(各1名)、常務理事を含め、理事14名、監事2名の構成となっています。



役 員 名 簿



役 職所       属氏  名
理事長遠 野 市 長本 田 敏 秋
副理事長岩手県森林組合連合会会長中 崎 和 久
常務理事(公社)岩手県緑化推進委員会会員千 田 育 郎

 ほか理事11名 監事2名