公益社団法人 岩手県緑化推進委員会

募集・告知

【入会のご案内】

 岩手県緑化推進委員会は、県民の皆さんがこれまで以上に森林や緑の大切さを認識して、私たちの生活になくてはならない森林を守り育てていくために、「緑の募金」活動を実施し、森林の整備や緑化の推進を行う方々への助成、次代を担う緑の少年団の育成や活動支援、学校環境緑化事業等、幅広い緑化運動の推進を支援しています。県民の皆様の参加と協力による緑化運動を推進することにより、うるおいと安らぎに満ちた緑あふれる郷土づくり、ひいては地球環境の保全に寄与することを目的としております。
 当委員会では、こうした法人の設立目的にご賛同いただける賛助会員を募集しております。ご入会いただきますと、国土緑化推進機構が発行する機関誌「ぐりーん・もあ」を年4回お届けします。
 入会を希望される個人・団体の方は、問合せ先までご連絡下さい。●詳しくはこちら
 平成28年度末における正会員数は、市町村33、農林水産業関係団体38、企業22、報道機関3、金融機関3、個人7の106会員となっています。
 賛助会員は企業1、個人2、団体1の4会員となっています。




【緑の募金支援団体のご案内】

 岩手県緑化推進委員会では、職場・店舗等に募金箱の設置をご協力いただける方を募集しております。従業員や顧客に広く寄附の機会を提供するとともに、従業員の社会貢献や緑化に対する意識の向上と企業のイメージの向上にも役立ちます。募金箱の設置にあたっては、覚書の締結等所定の手続きがございますので、ご興味をお持ちの方は一度ご連絡下さい。
 また、募金箱の設置に限らず、「ポスターの掲示をしたい」といった支援も歓迎しておりますので、ぜひご連絡下さい。よろしくお願いいたします。


         


【緑化関係公募事業のご案内】

 毎年、県内でご協力いただきました緑の募金や、国土緑化推進機構の事業を活用し、森林ボランティア活動支援や各種緑化行事の実施について、公募により活動費を助成しています。
 事業により募集期間が異なりますので、下記の事業等にご興味をお持ちの方は当委員会までお問い合わせください。

<環境緑化普及啓発公募事業>

 森林ボランティアの活動支援や、広く一般市民を対象とした各種緑化行事の実施について、活動費を助成します。


<緑の募金活用事業>

●地域緑化活動推進事業
 林業関係者及び森林ボランティア等が組織する団体等が行う森林整備や緑化推進の事業
●東日本大震災復興事業
 林業関係者及び森林ボランティア等が組織する団体等が行う、東日本大震災の復興に向けた居住地周辺や学校周辺等の環境緑化、行事・森林整備等の復興事業
●学校林整備・学校環境緑化等推進事業
 学校長又は学校関係者等(PTA等)が行う学校林の整備、学校施設の環境緑化
●巨樹・名木保存事業
 民間の個人、団体及び企業等が行う、地域に賦存する貴重な樹木の調査及び保存活動
●緑の少年団活動促進事業
 緑の少年団の活動の活性化を図るため活動を支援
●森林環境学習推進事業(森の学校・森の先生事業)※
 森林の働き・大切さ等の理解醸成と緑化意識の高揚を図るため森林環境学習を進めるとともに指導者の育成を行う講師派遣事業
 ※「森の学校・森の先生事業」は年間を通じて申し込みを受け付けています。
  詳しくは以下のページをご覧ください。
  森の学校・森の先生事業(http://www.kenminnomori.com/sapo-23.htm)




 このページのお問い合わせはこちら(メール問い合わせページ)